ファクタリング

個人事業主がファクタリングの際に注意するべきポイントは?審査やおすすめの会社も解説

ファクタリング利用のポイント~個人事業主~

ファクタリングは個人事業主が資金調達する際に強い味方になってくれる手段の一つで、新しい事業展開や急ぎの支払いがある際に、利用を検討する人もいると思います。

しかし、ファクタリングには利用目的やサービスを提供する会社によって思わぬ落とし穴があるため、注意すべきポイントがいくつかあります。

そこでこの記事では個人事業主がファクタリングを利用する際に関わるポイントを詳しく紹介していきます。

ファクタリングの基本項目

最初にファクタリングの基本と利用する際のメリットや注意点を見ていきます。

便利なものではありますが、取引の種類やそれによる手数料などを覚えておくと、よりご自身にあったものが選択出来るでしょう。

ファクタリングとは

ファクタリングとは取引先との掛取引によって将来的に支払いが確定している「売掛債権」を買い取る、もしくは保険にかけるサービスのことです。

この記事においてはファタリングの利用者を個人事業主、サービスを提供する側をファクタリング会社とするもので、利用者が売掛債券をファクタリングして貰うことで、本来の入金日よりも早く資金調達できます。

ファクタリングの種類と取引方法

ファクタリングにはいくつか種類がありますが、主なものとして「買取型」「保証型」があります。

買取型(一括ファクタリング)売掛債権をファクタリング会社に売却することで
手数料を引いた額のお金が得られる
保証型(保証ファクタリング)売掛債権を保険にかけておくことで、
取引先が倒産などを理由にお金を支払えなくなった場合に
ファクタリング会社が保証金を支払ってくれる

資金調達として利用されるのは買取型の方であり、他の項目におけるファクタリングは主にこちらの型になります。

保証型は取引先の信用度が低い時に利用するもので、手早い資金調達はできませんが、前述の通り保険をかける意味で機能します。

そして、買取型における取引方法には「2社間」「3社間」の二つに別れており、それぞれ仕組みが異なります。

2社間ファクタリング取引先を介さず利用者とファクタリング会社で取引を進める方法。
①売掛債権をファクタリング会社に売却を依頼する
②ファクタリング会社から手数料を引いた金額を受け取る
③取引先からお金が支払われた後、利用者はファクタリング会社にそれを支払う
3社間ファクタリング利用者・ファクタリング会社・取引先の3社で取引を進める方法。
①売掛債権をファクタリング会社に売却を依頼する
②取引先にファタリングを了承して貰う
③売却を完了してファクタリング会社から手数料を引いた金額を受け取る
④取引先からファクタリング会社へお金が支払われる

二つの違いは取引先を含めるか否かで、3社間の場合は取引先にファクタリングを利用したことで通知され、売掛債権の売却を了承して貰う必要があることから資金調達までにやや時間がかかります。

一方、2社間の場合は取引先を通さないことで、売却してすぐに資金調達しやすいのですが、売掛債権の回収のリスク面から3社間よりも手数料が高くなる傾向があります。

ファクタリングのメリットと注意点

ファクタリングのメリットとして最も大きいのは、支払いが確定しているお金をすぐに現金化できるところです。

少し時間がかかる3社間ファクタリングであっても本来支払われる時期よりは早く現金化できるので、金融機関の融資やローンよりも時間をかけずに資金調達ができます。

また、ファクタリングはあくまで支払いが確定したお金を前倒しする形になるので、負債を作らずに済むメリットがあります。

手数料はファクタリング会社から支払われる時点で引かれているので、それ以外の金利等は基本的に発生せず、利用者の負担になりづらいものです。

一方、ファクタリングの注意点としては3社間ファクタリングの場合で取引先の了承が必要なところです。

取引先によってはファクタリングに利用されることを良く思わなかったり、利用者が資金難であることを知られることで今後の取引が不利になったりと、少なからず影響が出ることもあります。

もちろん、全ての取引先がそうであるとは言えませんが、3社間ファクタリングの利用を考える際は取引先に知られる点も考慮しておきましょう。

もちろん、全ての取引先がそうであるとは言えませんが、3社間ファクタリングの利用を考える際は取引先に知られる点も考慮しておきましょう。

個人事業主におけるファクタリングを利用

必要になる場面と審査

資金調達にはファクタリング以外にも様々な手段がありますが、個人事業主が利用しやすい資金調達として、ファクタリングは上位に入るものです。

ここではその理由や個人事業主におけるファクタリングのポイントを見ていきます。

個人事業主としてファクタリングが必要になる場面

資金調達の手段として最もメジャーなのは、銀行を始めとする金融機関からの融資です。

しかし、金融機関の融資は融資を受ける側の規模や融資の利用目的、金額によっては融資自体を断られてしまうことがあり、個人事業主の場合はそれらに引っかかる可能性も高くなります。

また、融資されるための申込について、保証人や担保が必要であることも個人事業主では不利になります。

そんな時、ファクタリングなら売掛債権さえあれば事業規模や利用目的、金額の大小に関わらず資金調達できる可能性があり、保証人や担保も必要ありません。

個人事業主がファクタリングを利用しやすい理由は他の資金調達で引っかかりやすい部分を気にせず利用できるところになります。

ファクタリングを利用する際の個人事業主の審査

ファクタリングのメリットにも書いたように、金融機関の融資では審査に時間がかかるものですが、ファクタリングは審査がそれよりも早く終わるメリットがあります。

ただ、審査が存在するということは落ちる可能性もあるので、審査基準が気になる人も多いと思います。

金融機関の審査では利用者の企業規模や取引履歴などが参考にされるものですが、ファクタリングの審査で重要になってくるのは取引先の情報です。

ファクタリングは仕組み上、最終的にお金を回収するのはいずれの取引方法においても取引先の方であり、そのことから取引先が支払い能力の有無が重視されます(保証型では審査基準が異なるものです)。

そのため、利用者自身が個人事業主であることは問題ありませんが、ファクタリング会社によっては取引先が個人事業主や小規模の企業といった支払い能力が懸念される会社である場合、審査に通らない可能性が出てくるのです。

絶対に通らないわけではないので、とりあえず審査して貰うという手もありますが、いち早く資金調達したい人は売掛債権として出す予定の取引先の情報をよく確認しておきましょう。

個人事業主がファクタリング会社を選ぶ際のポイント

ファクタリング会社を選ぶポイント

ファクタリングをサービスとして提供している会社は数多くありますが、日本でのファクタリングの認知度が高くないことから、それを利用した悪徳会社が存在しています。

また、優良会社でも各会社で特徴が異なっているので、自分に合ったファクタリング会社を選ぶ必要があります。

そんな中で個人事業主がファクタリング会社を選ぶポイントは、以下の3つです。

必要な情報が提示されていること

こちらは優良か悪徳かを見分ける方法で、会社の公式サイトに必要な情報が提示されているかを見ると、違いがわかります。

悪徳会社では次で紹介する償還請求権の有無や手数料などの情報が正確に書かれておらず、数値が出ていたとしても曖昧な書き方になっています。

また、固定電話が明記されていないなど、詐欺行為をした後の追求を避けるために問い合わせ窓口を用意していない会社も怪しい可能性があります。

上場企業や公式サイト以外での口コミを見ると、引っかからないと思うかもしれませんが、手数料の安さに釣られてしまったということもあるので、全体的な情報を見た上で判断していきましょう。

償還請求権の有無

優良会社とわかった状態で見ていく項目としては「償還請求権」の有無です。

ファクタリングにおける償還請求権とは取引先が売掛債権にあたるお金を支払わなかった場合にファクタリング会社が利用者に対して金額を請求する権利です。

3社間の場合はファクタリング会社が取引先から直接やり取りするので関係ありませんが、2社間の場合はもしも取引先が倒産や蒸発して本来の売掛金を回収できなかった場合、償還請求権ありの場合、利用者自身がお金を支払う必要があります。

一方、償還請求なしでは、仮に取引先が売掛金を支払わなかったとしても、ファクタリング会社は利用者に請求する権利がないので、金額は全てファクタリング会社負担になります。

このように償還請求権の有無はファクタリング会社側の利益に関わってくるため、償還請求ありの場合は手数料が安く、償還請求なしの場合は手数料が高くなる傾向があるのです。

その上で個人事業主がどちらを選ぶべきかと言えば、リスクを考えると償還請求なしのファクタリング会社の方がおすすめです。

手数料と買取可能金額

ファクタリングの手数料はお金に関わる部分として選ぶ際のポイントになりますが、それと同時に見ておきたいのは買取可能金額です。

各会社で買取可能金額の上限と下限はまちまちであり、特に下限については小口現金が必要である場合に重要になります。

もしも30万円が必要な時にファクタリング会社の下限が50万円であると、そもそも対応して貰えません。

そして、手数料の利率が固定でない場合、買取可能金額の上限と下限の間で手数料が大きく変わってくるため、手数料だけで見ると他の会社の方が得であったという状況も発生します。

個人事業主では小口現金が必要になる場面も多々あることから、この二つは単体で見るのではなく、合わせて見るようにしましょう。

優良ファクタリング会社の比較と個人事業主へのおすすめ

優良ファクタリング会社の比較

ファクタリング会社を選ぶポイントがわかっても、会社数はかなりあることから、選ぶのが難しいと考える人もいると思います。

そこで、ファクタリング会社として優良と言われる会社の比較と、その中で個人事業主へおすすめの会社を紹介していきます。

優良ファクタリング会社の項目比較

優良ファクタリング会社は、先に書いた必要な情報の提示以外にも、上場企業の関連会社であることや、サービス・サポート体制が充実していることが条件になってきます。

そんな中で今回は以下の10社について、公式サイトで提示された情報から比較して見ていきましょう。

会社名取扱サービス償還請求権手数料買取可能金額最短入金
ビート
レーディング
2社間・3社間なし2社間:10%~20%
3社間:5%~9%
30万円~3億円最短翌日
ベスト
ファクター
2社間・3社間なし2社間:2%~30万円~1億円最短即日
(12時間)
日本中小企業金融サポート機構2社間・3社間なし3%~9%上限なし
少額対応可
最短即日
(最短3時間)
アクセル
ファクター
2社間・3社間なし2〜20%30万円~3,000万円最短即日
olta2社間なし2〜9%設定なし最短即日
ファクタリングのTRY2社間・3社間なし5%~設定なし最短即日
トップ
マネジメント
2社間・3社間なし2社間:3.5%~12.5%
3社間:0.5%~3.5%
30万円~3億円最短即日
ウィット2社間・3社間なし5%~上限500万円
下限なし
最短即日
(2時間)
FREE
NANCE
2社間なし3%〜10%設定なし最短即日
QuQuMo2社間なし1%~14.8%上限なし
少額対応可
最短即日
(2時間)

各会社で2社間・3社間のファクタリングへの対応や、それにかかる手数料が変わってきます。

手数料についてはどちらの方法か明記されていない場合は、2社間の取引手数料を指していますが、いずれも会社の手数料も売掛債権や買取金額の条件ごとに利率は異なる場合があるとしています。

また、買取可能金額は設定なしや下限対応可の場合は、基本的に下限を設けてないことになりますが、実際の見積もりの際は金額によって対応不可となる可能性があります。

それらを踏まえて見ると多くの会社で買取可能金額が提示されているものでは下限が30万円となっており、手数料は2社間の場合だいたい2%~10%となっています。

この10社に関して共通しているのは償還請求権なしかつ最短即日で現金化できるところです。

近年の日本の優良ファクタリング会社は、この二つの条件を提示していることが多く、それが利用者的にも選びやすい要素になっています。

この10社以外で他の条件が自分に合っていると思った時は二つの条件がどうであるかも確認しておくと、実際に利用する時も便利に感じる可能性が高くなります。

個人事業主におすすめの優良ファクタリング会社

優良ファクタリング会社の紹介

手数料や入金までの時間などで比べた中で、それでも選ぶ決め手が見つからない場合は、これから紹介するファクタリング会社はおすすめできる会社です。

日本中小企業金融サポート機構

おすすめの優良ファクタリング会社1社目は一般社団法人日本中小企業金融サポート機構です。

取扱サービス2社間・3社間
償還請求権なし
手数料3%~9%
買取可能金額上限なし少額対応可
最短入金最短即日(最短3時間)
契約・申込オンライン完結

10社以外でも珍しい一般社団法人が提供するファクタリングサービスであり、名前の通り中小企業のサポートを中心に行っていることから、ファクタリングもそれに合わせた手数料や買取可能金額になっています。

個人事業主もサポートされる範囲の一つであり、申し込みから入金までオンライン完結しながら最短だと3時間で資金調達できます。

アクセルファクター

おすすめの優良ファクタリング会社2社目は株式会社アクセルファクターです。

取扱サービス2社間・3社間
償還請求権なし
手数料2〜20%
買取可能金額30万円~3,000万円
最短入金最短即日
契約・申込オンライン完結

アクセルファクターでは公式サイトにおいて、依頼の半数以上が即日振込であると提示しており、会社方針としては原則即日をモットーにしています。

また、少額の見積もりについても最短即日であることは変わらず、手数料の下限も2%からと安い利率になっていることから手早さと安さがある会社です。

ウィット

おすすめの優良ファクタリング会社3社目は株式会社ウィットです。

取扱サービス2社間・3社間
償還請求権なし
手数料5%~
買取可能金額上限500万円下限なし
最短入金最短即日(最短2時間)
契約・申込オンライン完結

ウィットは買取可能金額が提示されている他会社と比べると上限金額が500万円と低めの設定でありますが、これは小口現金に特化したファクタリング会社としてサービス提供していることが理由で、このことから個人事業主や中小企業が対象としています。

公式サイトではお客様満足度が94%と提示されており、審査において利用者の赤字決算や債務超過といった、不利な条件でも通る可能性があることがその理由の一つとなっています。

入金についても最短2時間と業界最速であり、小口専用ながらも様々な強みがある会社です。

FREENANCE

おすすめの優良ファクタリング会社4社目はFREENANCE(フリーナンス)です。

取扱サービス2社間
償還請求権なし
手数料3%〜10%
買取可能金額設定なし
最短入金最短即日
契約・申込オンライン完結

証券などを取り扱うGMOインターネット株式会社のGMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営するファクタリング会社で、個人事業主を含むフリーランスへのサービスを提供しています。

ファクタリングはそのサービスの一つであり、FREENANCEの専用口座を開設した場合は上記の手数料の中でもより安くファクタリングが行えます。

その他にも業務上の事故やケガ・病気に対する保険が付くのでフリーランスとして総合的な補償を付けておきたい人のおすすめです。

QuQuMo

おすすめの優良ファクタリング会社5社目はQuQuMo Onlineです。

取扱サービス2社間
償還請求権なし
手数料1%~14.8%
買取可能金額上限なし少額対応可
最短入金最短即日(最短2時間)
契約・申込オンライン完結

株式会社アクティブサポートが提供するオンライン完結のファクタリングであり、ウィットと同じく最短2時間の入金を可能としています。

買取可能金額については上限なしかつ少額対応も可能で、手数料の利率は1%からと10社の中では最も小さいことから、手数料を安く済ませられる可能性も高いものです。

個人事業主のファクタリングは取引先や会社選びがポイントになる

ファクタリングのポイントまとめ

今回の個人事業主のファクタリングについてポイントをまとめていきます。

  • ファクタリングは売掛債権さえあれば事業規模や利用目的、金額の大小に関わらず資金調達できる可能性があり、金融機関等で必要な保証人や担保も必要ない
  • ファクタリングの審査は取引先の支払い能力が重視されるため、個人事業主からの売掛債権の場合は買い取られないこともある
  • 優良ファクタリング会社を選ぶには公式サイトなどで必要な情報が提示されている会社にする
  • 優良ファクタリング会社の中で選ぶのなら、償還請求権なしの会社で手数料と買取可能金額を照らし合わせながら見ていく
  • サービスとして最短即日入金やオンライン完結を提示しているファクタリング会社であると実際に利用しやすい

ファクタリングは金融機関の融資等とは異なり、審査や手数料において取引先の情報が大きく関わるもので、利用者としては自分の目的に合わせた会社選びがポイントになります。

実際にファクタリング会社を選ぶ際は今回紹介したポイントやおすすめの会社を参考にしつつ、様々な項目によく目を通して選んでいってください。